直営店へ直接持ち込み修理について

直営店の数と場所に注目

iPhoneの修理を行う際の選択肢は大きく分けて3パターンあります。1つ目はメーカー認定の正規修理店に持ち込む、2つ目は街中の非正規修理店に持ち込む、そして、3つ目はメーカーの直営店に持ち込むの3パターンです。 メーカーが直接、修理に携わる方法は、最も安心感が強い修理方法と言えます。メーカー直営店は信頼感は高いものの、店舗数が日本全国に2018年時点で9ヶ所しか無いので誰でも利用が出来ると言うものではありません。9ヶ所の内訳も東京、大阪、名古屋、京都、仙台、福岡などの大都市に限られます。大前提として、利用する事が出来るエリアが限られていると言う点を押さえておきましょう。もちろん、メーカー側もその他の地域に住む人が不便を被らない様に、宅配修理の集荷サービスなども行なっています。地方都市に住んでいる方はメーカー直営の宅配修理も合わせてチェックしましょう。

事前の準備も要チェック

iPhone修理を直営店で行う場合、予めバックアップを取ってから訪問するのが賢明です。万が一、データが消えてしまった場合に備えて、予めバックアップを取っておく事がメーカー側からも推進されています。また、合わせて、ログインする際のIDやパスワードも必要になるので、控えておく様にしましょう。もちろん、電源が入らない症状の場合にはその限りでは無いので、直接持ち込んで相談する形となります。更に、電源の接続不良が疑われる際には充電器側にも故障が発生している場合があるので、合わせて持ち込むのが良いでしょう。予め、これらの事を済ませておけば、スムーズに修理に入れるので、短時間で済ませたい方は特に要チェックです。

iphoneが起動しない原因は、バッテリーに問題がある可能性が高いです。iphoneのパーツの中でバッテリーは劣化が早いので注意してください。