バッテリーを自分で交換するには

iPhoneは古いモデルを使いまわして行きたいと言う方、必見

iPhoneは日本で最も普及しているスマートフォンです。毎年、新たなモデルが発表されて年々、その性能は高まっています。これまでiPhoneの弱点と言われていた防水性能や電子マネー対応などもしてきており、非常に完成度の高い製品になっていると言えるでしょう。その一方で、スマートフォンをそこまでヘビーに使わないライトユーザーの方にとっては数年前のモデルで十分というケースも少なくありません。iPhoneはOSがアップデートされていく為、基本的に古い機種でも操作系統は最新機種と変わらず使えます。性能に不満が無い方は古いモデルを使い回して行くのが賢い使い方となっています。そこでポイントとなるのがバッテリーです。バッテリーの経年劣化は防ぎようが無いので、バッテリーとの上手い付き合い方を模索するのが良いでしょう。特にバッテリーの交換を自分で行える様にさえなれば、低コストで使いまわして行く事が出来ます。

自分でバッテリー交換を行ってお得に使いまわそう

バッテリーの交換は正規修理店はもちろん、自分でも行う事が出来ます。インターネット通販で販売されている対応バッテリーを購入して、手順にそって交換をして行きます。ます、iPhoneを分解する専用の器具を使って本体を開けます。後はバッテリーを取り外し、新しいバッテリーをはめて再び閉めるだけです。複雑な作業は無いので、詳しい方で無くても対応可能と言えます。通常の修理では1万円以上掛かるところをバッテリーの実費分程度で抑えられるので、物によっては半額以上安く抑えられます。iPhoneは使いまわして行きたいと考えている方はバッテリーの交換方法も押さえておくと、より賢くiPhoneと付き合って行く事が出来ます。

iphone5sの修理期間は、修理箇所によって完了までの日数が異なっていますが、一般的には即日から1週間程度が目安とされています。